スタイリオ池尻大橋

大橋ジャンクション建設によって移設となった鉄道関連施設の上部利用計画で、1~3階は商業テナント、4~9階が賃貸集合住宅である。
国道246上の首都高速と段丘緑地に挟まれた個性の強い敷地に対して、2種類の全く異なった企画の住宅群を積層した。

国道246側の外観。下から順に「物販店舗」「中層住戸」「高層住戸」が積層しているのが外観にも表れている。写真は国道の中央分離帯からの撮影で、首都高速3号線高架が中層住戸レベルにあるため、国道の反対側からだと高層階は見えない。
国道から集合住宅エントランスに至る屋外通路を見た夜景。上部に張り出しているのは、将来国道を横断するペデストリアンデッキが接続される予定の部分で、公共の使用になるためにエレベーターも道路からの直接乗降となっている。
敷地内通路を経た建物の西側に、集合住宅のエントランスがある。ビビッドブラウンのラフなテクスチャが、複合施設における住宅のテーマカラーとなっている。住宅のコンコースは東側の坪庭まで建物1階を東西に貫通している。
敷地の特徴を示す南北断面図。及び中層階、高層階の平面図。中層階では南に首都高速高架が面するため、南北に貫通する筒状の住宅群とし、音響室でもある玄関ホールから北側の段丘緑地まで見通せるプランとした。高層階は中央部の玄関から放射状にスクエアな住戸を配置した眺望重視のプランである。

中層階の共用廊下の昼景と夜景。ドットパターンのガラススクリーンとアルミパネルで高速道路に対する視界を柔らかくカットし、夜間は高遮音室のガラスブロックと玄関アルコーブからの光で共用部を照明する。あげ裏は目地付のRC打放し塗装である。

写真:ヨシダ建築写真事務所/佐々木徹
当社業務 住宅部分企画・建築設計と監理、全体の外観デザイン協力
建築用途集合住宅、店舗、鉄道関連施設
工事種別新築
竣工年2009年
所在地東京都目黒区大橋
延床面積約3,757m2
構造・規模SRC(一部RC)造、地上9階、地下2階
事業主東京急行電鉄株式会社
施工東急建設株式会社
設計・監理(株) 東急設計コンサルタント(全体統括、構造、設備)、(有) 小川真樹建築綜合計画(業務内容は左記参照)
当社担当者小川真樹、梅田太一、佐伯誠、蔭山郁恵、金井直隆
掲載メディア『KJ』2010.4号

主要設計事例一覧

  • 碑文谷の家

    2023
  • 宝珠院

    2019
  • 龍澤寺

    2017
  • 鎌倉の家

    2016
  • 大島記念音楽堂

    2014
  • 道往寺

    2013
  • 高輪の家

    2013
  • スタイリオ池尻大橋

    2009
  • プレミアイン仙台多賀城

    2009
  • プレミアイン白河

    2008
  • プレミアイン松山

    2007
  • Arte哲学堂

    2007
  • CHISUN HOTEL

    2005
  • PLEASURE EAST & WEST

    2004
  • 田浦の家

    2004
  • 赤堤の家

    2003
  • ヴィータ道玄坂

    2003
  • デルタウエスト

    2003
  • 根津の家

    2002
  • 都屋ハウス

    2001
  • 岡村ビル

    1999
  • 二番町三協ビル

    2001
  • ガーデンプラザ新検見川(独立前に担当)

    2003
  • 東京イースト21(独立前に担当)

    1999
  • オーチャードホール(独立前に担当)

    1989
  • K-project

    2006
  • 城下町ホールコンペ応募案

    2005
  • T ホテル

    2005
  • 岩見沢駅舎デザインコンペ応募案

    2005
  • 瀬田プロジェクト 

    2004
  • H集合住宅

    2001
  • 四軒長屋の計画

    2001
  • M美術館

    2000
  • 中野の家

    2000
  • おばちゃんの家

    1999
  • 宮前平プロジェクト

    1998
  • 錦糸町プロジェクト 

    1998