プレミアイン白河

福島県、東北自動車道白河インター至近の国道沿いに計画された120室のロードサイドホテル。都市部のホテルとは違い、車で利用する宿泊客が多いロードサイドらしいデザインとは何か、をテーマとしている。

外壁詳細。H=2m近い客室主開口部の横にある小さな窓は浴室。全体に白に近い色彩で構成しているが、柱側面と浴室上部の小壁はダークブラウンに塗装。柱は前面のみ磁器タイル貼。1階朝食堂上部庇の上のガラリは空調室外機置場のカバー。
国道に面した車寄せとファサード。前年竣工のプレミアイン松山と同じくアウトフレームだが、
客室の間口は4.1mと大きく、客室階のプランも大きく異なる。建物は国道から大きく後退させて、
前面に駐車場を配置。車寄せは、折板の吊り構造のキャノピーで覆っている。
1階朝食堂前より、前庭~駐車場~国道方向を見る。奥は車寄せのキャノピー。
夜景近影。1階の朝食堂は、ビジネス利用者の打合せ室などにも使えるオープンなスペースとしている。
フロントから朝食堂方向。写真手前の部分は、建物の表裏2ヶ所に在る駐車場から建物内を貫通する通路。
基本設計段階で、客室階の構造形式を説明する為に描いたドローイング。細部を除きほとんどこの形で実施された。単独浴室を窓側に寄せた独特な水廻りを構成し、設備シャフトとともに2室単位で1ベイのダウンスラブにまとめている。水廻りを含めた客室は約4m角の正方形プロポーションで、入口はアルコーブ状とした。
客室階廊下。アルコーブ状に連続する客室入口によって、客室ドアが廊下に面しない構成となっている。
標準的ツイン客室。このホテルでは建築的にはシングルもツインと全く同じプランとし、シングル:ツイン比率を変更可能な企画としている。逆梁天端にあわせたライティングデスクとフルハイトの開口部は松山と同じ。窓からは会津の山々が見渡せる。
当所で設計し、特注で型から起こしたユニットバス。洗い場を排除することで浴槽を斜めに配置し、1014mmのサイズに長手1200mmの浴槽を設けている。写真左奥は半身浴の座面。
写真:海老原一己
当社業務企画・設計・監理
建築用途ホテル
工事種別新築
竣工年2008年
所在地福島県西白河郡西郷村
客室数120室
延床面積3,278m2
構造、規模RC造、地上6階
建築主米国系投資会社
PM・運営ホスピタリティパートナーズグループ
施工 鹿島建設株式会社
構造設計者株式会社 田中構造設計
設備設計者有限会社 巌技術研究所
当社担当者小川真樹、佐伯誠、蔭山郁恵
掲載メディア『KJ』2008.10号

主要設計事例一覧

  • 碑文谷の家

    2023
  • 宝珠院

    2019
  • 龍澤寺

    2017
  • 鎌倉の家

    2016
  • 大島記念音楽堂

    2014
  • 道往寺

    2013
  • 高輪の家

    2013
  • スタイリオ池尻大橋

    2009
  • プレミアイン仙台多賀城

    2009
  • プレミアイン白河

    2008
  • プレミアイン松山

    2007
  • Arte哲学堂

    2007
  • CHISUN HOTEL

    2005
  • PLEASURE EAST & WEST

    2004
  • 田浦の家

    2004
  • 赤堤の家

    2003
  • ヴィータ道玄坂

    2003
  • デルタウエスト

    2003
  • 根津の家

    2002
  • 都屋ハウス

    2001
  • 岡村ビル

    1999
  • 二番町三協ビル

    2001
  • ガーデンプラザ新検見川(独立前に担当)

    2003
  • 東京イースト21(独立前に担当)

    1999
  • オーチャードホール(独立前に担当)

    1989
  • K-project

    2006
  • 城下町ホールコンペ応募案

    2005
  • T ホテル

    2005
  • 岩見沢駅舎デザインコンペ応募案

    2005
  • 瀬田プロジェクト 

    2004
  • H集合住宅

    2001
  • 四軒長屋の計画

    2001
  • M美術館

    2000
  • 中野の家

    2000
  • おばちゃんの家

    1999
  • 宮前平プロジェクト

    1998
  • 錦糸町プロジェクト 

    1998