碑文谷の家

築50年の木造住宅のリノベーション。
中庭に面してL型に配置されていた1階和室を全て洋室化して、中庭もウッドデッキ化することで、ひとつの空間に再編。
2階のリビングダイニングルームは中間階の玄関ホールを連続させるなど、全体として空間をまとめる方向でリノベーションした。

主寝室。プライベートルームは大幅に変更。ここは元和室2室だった場所。
オーナーが愛犬と過ごせるように、中庭のほとんどをウッドデッキ化し、連続させた。
連続する和室2室だった部分を1室化して主寝室に。
残された柱2本はベッド空間を示す物として象徴化。
下の2枚は同じ場所の改修前と工事中。
ウッドデッキ施工中の中庭。
真壁の意匠を残したお母さまの居室とその周辺。主寝室前と同じデッキに面する。

中庭の対面は間口の狭い2室だったが、間仕切部分を引き込み障子とすることで、
ベッドルームと居間をやわらかく仕切ったお母さまの居室に再編した。
下の2枚は同じ場所の改修前と工事中。
2階のリビング・ダイニングは、次の世代に繋ぐために印象を変え、キッチンと一空間に再編した。
構造はいじっていないけれど内装の壁天井の位置と素材は全て刷新した。
新しいカッシーナのソファと愛犬。
バルコニーからは中庭を眺められる。
奇妙な構成のこの住宅を象徴する中間階の玄関ホールは、来客用玄関として構成をそのまま残しつつ、
奥に見える2階のリビングダイニングとの連続感を高めた。
写真には無いが、バリアフリーで出入りできる裏口を家族用玄関に改修。
(ダウンライトは工事未了)
2階リビングダイニングルームから見た玄関ホール。
この住宅を建てた先代のご主人の書斎は、床材とウインドウトリートメントを変更したのみでオーナーの書斎になった。
当社業務 設計・監理
建築用途個人住宅
工事種別改修
竣工年2023
所在地東京都目黒区碑文谷
延床面積約190㎡
構造、規模木造(一部RC造)、地下1階、地上2階、塔屋1
施主、事業主個人
施工株式会社 シティライフ  
当社担当者小川真樹、島﨑舞
掲載メディア

主要設計事例一覧

  • 碑文谷の家

    2023
  • 宝珠院

    2019
  • 龍澤寺

    2017
  • 鎌倉の家

    2016
  • 大島記念音楽堂

    2014
  • 道往寺

    2013
  • 高輪の家

    2013
  • スタイリオ池尻大橋

    2009
  • プレミアイン仙台多賀城

    2009
  • プレミアイン白河

    2008
  • プレミアイン松山

    2007
  • Arte哲学堂

    2007
  • CHISUN HOTEL

    2005
  • PLEASURE EAST & WEST

    2004
  • 田浦の家

    2004
  • 赤堤の家

    2003
  • ヴィータ道玄坂

    2003
  • デルタウエスト

    2003
  • 根津の家

    2002
  • 都屋ハウス

    2001
  • 岡村ビル

    1999
  • 二番町三協ビル

    2001
  • ガーデンプラザ新検見川(独立前に担当)

    2003
  • 東京イースト21(独立前に担当)

    1999
  • オーチャードホール(独立前に担当)

    1989
  • 保護中: 宮崎市ホテル

  • K-project

    2006
  • 城下町ホールコンペ応募案

    2005
  • T ホテル

    2005
  • 岩見沢駅舎デザインコンペ応募案

    2005
  • 瀬田プロジェクト 

    2004
  • H集合住宅

    2001
  • 四軒長屋の計画

    2001
  • M美術館

    2000
  • 中野の家

    2000
  • おばちゃんの家

    1999
  • 宮前平プロジェクト

    1998
  • 錦糸町プロジェクト 

    1998